iPhoneへの飽きと7年間使ってきて感じている不満・そして2019年最新モデルへの期待

いよいよ新型iPhoneの発表も来週に迫ってきましたが、はっきり言って興味が湧いてこない。

思えば去年のiPhone XS発表時も、いつもと比べるとちょっと盛り上がりに欠けた気がします。

一応発売日に今はなき仙台のApple Storeで買いましたが、「いらないけど一応仕事上買っとくか」くらいのノリ。

私電子レンジマン、iPhoneがあまりに欲しすぎて大学進学を機にドコモから一度ソフトバンクに乗り換えたくらいにはiPhoneが好きでした。(4sの時)

その後も一応5sと6s以外は発売直後に買っていて(5sや6sも少し遅れて買ってはいます)、大学時代は間違いなくiPhone愛用マンと呼べる状態でした。

それがなぜ、ここ2年間興味が薄れてしまっているのか。

飽きてきている理由や、最近感じているiPhoneの不満について改めて考えてみました。(ありがちな内容だけど勘弁してほしい)

面白い新機能が全然出てこなくなった

iPhone Xで画面が大型化されて顔認証になったあたりで、iPhoneの進化は止まってますよね。

5でLTE対応、6で大画面化、7で防水とおサイフケータイに対応…といったように、少なくとも2年置きになにか大きな変化があったiPhone。

XSの時点ではまだいいとして、ここまで出ている情報の時点では、今年のiPhone11(仮称)でもとくに変化はなさそう。

一応カメラレンズがトリプルになるみたいですが…

Androidに追い抜かれていて、新機能があっても新鮮味がない

トリプルレンズ、もうP20 ProとかGalaxy S10シリーズとかでとっくの昔に出てしまっているんですよね。

「Androidの方が優れてるぞ!」とは言いませんが、ここ最近のiPhoneの新機能ってなんか今更感が強くなってるんですよ。

iPhoneは年1、Androidは毎月のように新機種が出ているので、やむを得ない部分でもありますね。

カメラのシャッター音がうるさい

iPhoneで7Plusから採用されている「ポートレートモード」は背景をぼかせてかなり面白いんですが、iPhoneのカメラはシャッター音が爆音。

カメラ撮影時にシャッター音があるのはまぁ仕方ないとしても、音がうるさすぎて使える場面がないです。

Androidも基本的に日本で売ってる機種はシャッター音が鳴りますが、「ポン。」とか最低限の音なのでiPhoneほど周りの迷惑にはならないかと。

ポートレートモードを使える場面にやたら制限があるのもイマイチ

ポートレートモード、なんであんなに離れないと撮影できないんですかね。

例えば喫茶店とかレストランで「オラァインスタ映えする写真撮ってやるぜー」とか思っても、全然撮影可能にならないんですよ。

まぁ、使えたとしてもシャッター音がうるさいからアレなんだけど…

Lightningケーブルをいい加減やめてくれ…

iPhone以外の機器、パソコンもタブレットもUSB Type-Cになってるじゃないですか。

充電器とケーブルを1つにまとめられるので、かなり便利!

しかしiPhone、お前はまだLightningケーブルを捨てていないな。

確かにLightningケーブルはコンパクトで魅力的だが、、

iPhoneだけのために専用のケーブル持ち歩くの、もう嫌だーーーーー…

iPadもProでついにUSB Type-Cになりましたが、iPhoneはどうなるんでしょうか。

USB Type-Cになるなら、買い替えたいと思ってます。

値段高くない?

スマホの販売ランキングみたいなやつが色々な場所で発表されてるので日々チェックしてますけど、XSもXS Maxもあんまランクインしてませんでしたよね。

XRが最近ようやくちらほら見かけるようになったくらいで、だいたい2017年発売のiPhone 8が上位。

やっぱり、スマホに12万とか15万とかは無理がありますよ。

Androidも高級機は10万前後で高いですけど。

どうせCPUとかが超高性能になっても活かせる人なんて本当にごく一部に限られるし、来月からスマホの値引きの制限がかなり厳しくなります。

iPhone 7の頃の、本体代金定価7〜8万円くらいが限度でしょう。

おそらくAppleもそれをわかっていて、今回は高性能モデルを「Pro」みたいな扱いにするっぽいですね。

賢明な判断だと思います。

本体無駄に重くない?

XやXS、なんで180g弱あるんだろう?

サイズの割にやたら重くて、持って操作してる時ちょっとイライラする。(細かいけどけっこう重要な難点だと思います)

あまりに微妙で、去年から完全にAndroidがメイン端末になってる

7までは大満足だった私ですが、Xで妙に本体が重くなり、幅も広くなった結果徐々にiPhone離れしかけていました。

XSがあんまり面白くなかったところにGoogleがPixel3をぶつけてきた結果、あっさりそちらに移行。

Pixel3のカメラ性能の高さに驚愕しつつ使っていたところトリプルレンズのGalaxy S10+が登場、現在は完全にメイン機になってます。

Android、私が最初に使った初代Xperiaははっきり言って最悪レベルの仕様と動作でしたが、今はiPhoneに勝るとも劣らないです。

文句は言いつつも、2019年に登場するiPhoneの新型には期待したい

ここまでダラダラと文句を述べてきました。

2019年の新型iPhoneに、私が期待するのは以下の3点!

  • USB Type-Cの採用(Lightning端子撤廃)
  • 本体価格7万円台以下への値下げ(無印モデルもどうせ税込みで8〜10万くらいだろうし、多分ないな)
  • 面白い新機能の登場(Apple Pencilが使えるようになるっぽいけど、それよりもっと何かインパクトのあるものが欲しいが具体的に何かはわからない)

一応予算は確保できる状態になっているので、少なくともUSB Type-Cが採用されてたら買いたいと思ってます。

言い換えると、非採用だったらよっぽどのことがない限り買わなくていいや…って感じ。

Denshirangeman

3.75インチフィギュアとPC・スマホ・クレジットカードをこよなく愛するたぐいのフリーライターです。 人生を豊かにするタイプの記事を書いていくので、よろしくお願いします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です